あきネット

フリーソフトウェアやオープンソースをはじめ、コンピューターやインターネットに関するTIPSや話題を扱います

北のまちから南のまちへと素敵な何かを届けます。
それは、六花かもしれないし、ナナカマドの実かもしれないし、雪の下キャベツかもしれません。

マイクロソフト自身も管理しきれない Windows の魔界

バグを直すためのアップデートが、かえって別のバグを引き起こすことがあります。



現在は差し替えられていますが、
Windows 10 の、先日にリリースされた October Update に、特定の条件が重なるとデータが消し飛んでしまうという、恐ろしいバグがありました。


この、発生する特定の条件も、多くのユーザ本人には心当たりのないことです。


この現象は「Known Folder Redirection(KFR)」機能を過去に有効にしたことがあり、リダイレクト先に移動するさいに、オリジナルファイルが移動されず、古いフォルダに取り残された場合に発生する。


 KFRというと若干馴染みのない機能と思われるかもしれないが、じつはWindows上の「デスクトップ」、「ドキュメント」、「ピクチャー」、「スクリーンショット」、「ビデオ」といったフォルダは、どこかのフォルダへリダイレクトするようになっている。


KFR 機能を使ったという憶えなんて、ほとんどのユーザにはないでしょう。
けれども、いつの間にか使われているわけです。


Windows にせよ、マイクロソフトや多くのパソコンメーカーは、
自分でも何をしているか解らないで、言われるがまま真似している、というユーザ層をターゲットにしてビジネスをしてきました。
ソフトウェアにせよ、ハードウェアにせよ、内部はいわゆる「ブラックボックス」のようなものです。
だから、たといスキルのある人でも、Windows の中身がどうなっているかは、よく判らないところが大いにあります。


そもそも、たとい KFR を使っている意識があったところで、「まさかこのアップデートがこんな危険なものだったとは!」ってなりますよね、当然。


なぜならば、アップデートの内容がよく判らないからです。
このアップデートはいったい何を直すもので、適用すると具体的には何が起こるか、よく判らないからです。


とりわけ近年は、Windows にせよ、 iOS などにせよ、「累積的なパッチ」が一般的になってしまいました。
一つのアップデートで、多数のバグを直すようになってしまいました。


それで、そのアップデートひとつ適用するのにも、端末によって実際に何が起こるか、充分にテストされていないという事態になってしまっています。
マイクロソフトだって、アップデートを出すのには、事前に試して確認しているでしょう。
まずは、機械的に自動化してテストしているのだろうと思います。
テストユーザもそれなりにはいます。
ところが、それでも気が付かないことがあるわけです。
「このアップデートは具体的に何をするものか判らない」ので、ますます、気が付きません。



それでは、バグ一つ一つに個別にアップデートを出したらいいのでは、と思うでしょうが、いくつかの理由で既に無理なのだろうと思われます。


・管理者やユーザの手間や確認作業の頻度を減らしたい(それでWindowsはいまや、月1回が定例)
・バグをひとつ修正するのにも、その修正によって関連する箇所が多数あるので、適用量が膨大になっている(OSの内部で複数のソフトウェアが複雑に絡み合っているから)
・アップデートをひとつするのにも、時間がやたらとかかる(アップデートの適用量が多いうえ、適用可能かを事前に自動的に確認しないといけない)


で、累積的なパッチにまとめると、頻度は減りますが、アップデートにかかる時間自体はどんどん長くなった、という現状にいるわけです。



今回の Windows 10 にしてもそうですが、
iOS のアップデートにしても、iPhone のいわゆる「文鎮化」(全く使えなくなる)という恐怖の事態が起こることもあります。
だから、iOSのアップデートが出ても、すぐに適用せずに、世の中の反応をしばらく様子見、っていうのがよくある話です。



Windows だろうが、 macOS や iOS だろうが、
バグ修正の頻度が少なすぎて、バグが見つかっているのにしばらく放置されている、というのが常態化しています。
これは本当は、かなり危険です。
ウイルス対策ソフトを使え、パーソナルファイアウォールを使え、っていうのも、OSのセキュリティバグがしばらく放置されているから、ということもあるのです。


他方で、GNU/Linux の、こまめにメンテナンスされているディストリビューションを使用していれば、こまめにアップデートをすることでバグを直せます。


UNIX系やUNIX風はやられにくい、というのも、
ユーザの数が比較的少なめだからということもありますが、
自分で何をやっているのかがそれなりに解るユーザが少なくないし、
バグ修正が比較的頻繁なのがあるし、
また、OSの中身をユーザに隠していない(オープンソースだ)ということもあります。


それに比べると、「Windows の魔界へようこそ」というか、
Windows にせよ iOS にせよ、伏魔殿です。


しかし、
「いちいち考えている暇ないんじゃ、効率悪いだろ」とことも世の中にはありますし、
「自分でも何をやっているのか解らない」層は分厚く、その層にコンピュータを使うなとは言えない世の中ですから、
残念ながら、Windows ユーザは未だに全世界に多数で、とりわけ日本というところはマイクロソフトにとってオイシイ市場であります。