あきネット

フリーソフトウェアやオープンソースをはじめ、コンピューターやインターネットに関するTIPSや話題を扱います

北のまちから南のまちへと素敵な何かを届けます。
それは、六花かもしれないし、ナナカマドの実かもしれないし、雪の下キャベツかもしれません。

IT業界の市場規模を阻害する壁

少しご無沙汰しています。
寒くなってきたのと暖房費が高いことに戦々恐々なのと、忙しいのとがあります。寒いのと灯油100円とで、鬱です😓


さて、日本のIT経済の拡大は困難なんだろうなあと思います。


高齢人口が多いので、その層が技能的に対応不可能なことをやっても売れないでしょう。


他方で、世界のITは、ほとんどの人々を放っておいてどんどん突っ走ってしまっています。
技術的にある程度解る人でも、それほどにはいないでしょう。


多くの人は、「使う」ではなく「使われる」状態です。
そのなかで、収入が多い人は趣味であれこれと買うでしょうけれど、高齢層の多くは生計にそんな余裕がありません


「使われる」人々を利用すれば稼げるというビジネスモデルは、マイクロソフトだってアップルだって、多くのパソコンメーカーだって、そうでした。顧客層の技能が上がってこないようにすることが、商売の種なのです。


多くの人が、取り残されています。
そのあいだに、業界の先端は突っ走っていき、格差はさらに拡大していきます。


さらにまずいのは、日本人の多くは、英語を読む気がない、そもそも英語の世界にアクセスする気がない。だったら、到底無理です。
いや。英語でなくとも、中国語やハングルでもいいから、外に出れば状況は変わります。けれどそれすらありません。


かなりの人が、必要なものにだけ出費をして、新たなものには手を出す余裕も気もないのでしょう。


上にあがるということがありません。
技能上位層の人口は少なくて、技能下位層からあがってこず、中間層が薄い、という現象が起こっているものと考えます。


そうなると、新たなものが売れません。
例えば、ドメイン取得とか、VPSとかでもいいですが、そうしたものを買うことがなかなかありません。
IT技能のある人々のあいだでは普通のことでも、世間全般では全くそうではない。もちろん、一般の新聞とかテレビとかに出てくることもなく、だから新聞やテレビばかりみる層は、興味をもつ以前に、知らない。


そもそも不景気と貧困と社会保障の不足で、高齢層には暇があっても、ものを買う余力なんてない。
ので、フレッツとかすら繋がっていなくて、携帯端末とキャリア契約でインターネットを少し利用していて精一杯なんだから。


モノ(有体物)を売るのは既に限界が来ていて、そもそも世界の資源は足りなくなってきているし、
コンピュータの性能的にもほぼ充分なので買い替えなくともなんとかなるわけで(買い替えることによる環境負荷の点でも、「エコ替え」は実際にはエコではないし)。


つまり、サービスを売ることが市場拡大に重要なのです。
ところが、購買層が薄いので。


だから、いかに技能的に上位と下位の格差をなくして、スムーズに上にあがっていけるようにするか、です。
つまり、なんとかして顧客層の技能を高める努力をしていかなくてはいけないのだと思います。