あきネット

フリーソフトウェアやオープンソースをはじめ、コンピューターやインターネットに関するTIPSや話題を扱います

北のまちから南のまちへと素敵な何かを届けます。
それは、六花かもしれないし、ナナカマドの実かもしれないし、雪の下キャベツかもしれません。

検索エンジンのプライバシーについて

Google をはじめ、多くの検索エンジンは、利用者の行動を記録して売上(収益)にあてています。


何を検索したかもそうですが、検索結果のうちどれにアクセスしたかもそうですし、
例えば Google は、広告アフィリエイトサービスも、アクセス解析サービスもやっていますから、ほかの訪問先でもアクセスが記録されることがよくあります。


Google は利用者が多すぎるので、ログを完全に記録すると膨大になってしまいますから、適宜整理したり棄てたりしているという気がしますが(単なる邪推)、
つまり、価値のあるものだけ残すように取捨選択しているのだろうと思います。



言い換えれば、
かりに利用者のプライバシーを完璧に保障するとなると、売上をどう出せばいいのか、という問題になります。


どうやって採算を成り立たせているんだろうか? って思いますけれど、
プライバシーの保障を謳う検索エンジンも、いくつかは、あります。


有名なのでは、

の3つが挙げられるかな、と思います。


このなかで、データを自力で収集(ロボットクロール)しているのは、Qwant です。


StartPage は Google 検索に対するプロキシ、
DuckDuckGo は、ロシアの Yandex と提携して検索結果を表示しています。


私は、ヘイト国家であるロシアを信用していませんので、DuckDuckGo は使いません(使えません)。
裏社会では、ロシアのサービスを利用したがる人々がたくさんたくさんありますよね。ロシア企業は、いかがわしいことをしている人のためのプライバシーという気がします。
(ロシアはUSAに対抗する冷戦モデルですので、「敵の敵は味方」的な発想にすぎないでしょう。)


Qwant はフランスの企業です。
インターフェイスなどの言語対応も偏っていますし、検索データベースも偏っているかな、という印象があります。
いわゆる日本語対応は、ないです。
しかし、独特な検索結果が出るので、Startpage では思うようにいかなかったときには利用するとよいです。


StartPage は、検索結果がおおむね Google と一致します。
しかし、広告などを削りますので、Google と全く同じとまではいきません。


また、StartPage は、USAのNSAの無差別盗聴騒動をきっかけにしたのか、EU 圏の検索サーバを指定することも可能です。
利用者が訪問先から自身を秘匿するための、プロキシ機能も備えています。
これらの機能は、その分だけ、遅くはなりますが。


多くの日本人は、何も想像せずに Google とか Yahoo! JAPAN とか Bing とか利用してしまっているのだろうかと思いますが、(実際には、私には日本人の行動なんてよく判りませんが😂)
企業は普通に、記録とか、合法的に盗聴とかしていると思われますし。


それでも、「何も悪いことをしていないんだから平気だろう」と思っている人はいくらでもいますが、
産まれ住んでいる地域の特徴や、権力などから目をつけられることも冤罪を被せられることもないという、運がいいだけのことでしょう。


私は、実経験上からいっても、日本社会を信用していませんので。


検索行動やアクセス履歴をみれば、趣味から疾病からさまざまなことが判ってしまうので、気にかけて暮らしたほうがよいですよ。