あきネット

フリーソフトウェアやオープンソースをはじめ、コンピューターやインターネットに関するTIPSや話題を扱います

北のまちから南のまちへと素敵な何かを届けます。
それは、六花かもしれないし、ナナカマドの実かもしれないし、雪の下キャベツかもしれません。

IBM が Red Hat を買収

いまさらながらの話ですが、
IBM が Red Hat を買収する件。



商用 GNU/Linux ディストリビューションでは、 Red Hat Enterprise Linux (RHEL) と、 SUSE Linux Enterprise が2大でしょう。


その RHEL を販売している Red Hat が、 IBM に買収されます。



かつては、Red Hat は個人向けに Red Hat Linux を提供していました。
この Red Hat Linux は、現在の Fedora です。
企業製ではなくてコミュニティ製に移行し、 Fedora にかわりました。
RHEL の無償、コミュニティ版は CentOS で、こちらもよく用いられていますね。


個人向け GNU/Linux ディストリビューションとしては、 Debian (とその系統)と、 Fedora が2大です。
その Fedora の母体が Red Hat です。


ですから、 IBM が Red Hat を買収するというのは、とても大きな事件です。


IBM は既にビジネスモデルを変えてかなり経ちますので、 IBM がフリーソフトウェア&オープンソース(FOSS)界に、大金を投資して参入するのは、それほど意外なことではありません。(マイクロソフトが、変節し、 GitHub を買収したりしたとと異なり。)
意外なのは、 Red Hat が(誰にかはともかく)買収される、ということでしょう。


思い返してみると、私としては、 Oracle が Sun Microsystems を買収したの以来の驚きかもしれません。
それで、(プロプライエタリのデータベースソフトウェアで稼ぐ) Oracle が、 MySQL や VirtualBox を手にしているという現象がいまも続いています。


それに比べれば、今回は IBM なので、それほどでもないかもしれません。
IBM は、顧客層に対してシステム、ネットワーク、「ソリューション」を提供するのに、フリーソフトウェアを活用してきたのでしょうから。
IBM のビジネスモデルの変節はもう、かなり以前のことで、 ThinkPad も Deskster や Travelster も、 IBM ではないのですから。
// OS/2 ... 😂


ただ、 Red Hat は上場企業(NYSE: ticker RHT) でやってきたこともあり、
これから IBM に所有されることになるというのは、少なからぬ人々があたふたしていそうです。独立自尊ではなくなりますからね。