あきネット

フリーソフトウェアやオープンソースをはじめ、コンピューターやインターネットに関するTIPSや話題を扱います

北のまちから南のまちへと素敵な何かを届けます。
それは、六花かもしれないし、ナナカマドの実かもしれないし、雪の下キャベツかもしれません。

ジオシティーズの終了アナウンスで修羅場に

というとおおげさかもしれませんけどね。


Yahoo! ジオシティーズ(ヤフージャパンのサービスのひとつ)が来年3月末に終了するという発表があったじゃないですか。


Geocities 自体はもともと日本のサービスではなくて、そして、本家のほうがとっくに終わっていたはずです。


「ウェブスペース」という語彙自体がもう通用しないかもしれませんが、よそにもいろいろとありましたよね。
ブログが流行ってから消えていきましたね。
そしてブログサービスも、終わったり統合したりしましたけどね。


ヤフー(ソフトバンク)はもう、ウェブスペースではなくて、ブログサービスにすべて移行したくてずっと待っていたのでしょうね。
ただ、ヤフーブログは人気はあまりない😓


引っ越しラッシュ


引っ越しラッシュですよ。
さながら、3月9月の引越し業者のように修羅場ですよ。


誰が修羅場かって、ホントのところは、レンタルサーバのプロバイダとかの同業他社ですよね。
この顧客層は、GCPとかAWSとかに引っ越すのは少ないので、かなり譲って「さくらのレンタルサーバ」ですね。
実際には、無料やそれにちかいところを探してGMOかネットオウルに行く人が多いんでしょうね。


まさか、ファーストサーバに引っ越す人は、どれくらいいるのでしょうか😁


無料や低価格のサービスを提供している業者のところに、
ジオシティーズにずっと置きっぱなしにしてきた、ITリテラシーの少なかったり特異だったり(偏っていたり)する人々が殺到!
サポート忙殺!


修羅場ですね


公式の、移行先のご紹介

さくらのレンタルサーバ

だから、さくら
舞鶴→大阪


ロリポップ

GMO


エックスサーバー

ネットオウルと提携関係
大阪人


エクセリア(XREA)

GMO
ネットオウルにとって、無料サービスで積年の競合関係


忍者ホームページ

サーバじゃ


ネットオウル

エックスサーバーと提携関係
京都人(根来衆)



結論

無料に固執すると、下3つに集中し、修羅場


公式のおすすめから選ぶとしたら?

さくらのレンタルサーバが、価格は若干しますが、サポート充実。(ライトプランを除き) SSH開放しており、プライベートのバックアップ置き場としても堂々と使ってOK(Google DriveやOne Driveのようないわゆるクラウドストレージの代わりとして)。
さくらインターネットは、法人顧客、大企業が普通に契約していて、高価格・高粗利サービスを売っている業者なので、設備もサポート体制も余裕があります。


独自ドメインをとるならば、ネットオウル。「スタードメイン」でドメインをとって(もちろん有料)、レンタルサーバは無料オプション。


余談

ユーザディレクトリ構成が町名/番地 だった時代こそGeocities ですよね!


ジオシティーズユーザー層が知らない引越し先

以上の3つは、利用量が少なければ、無料か、ほとんど無料だったり、1年間お試しで無料枠ありだったりします。
世界規模の企業で、サービスレベルも確実!!


しかしそもそも、ジオシティーズのユーザー層のほとんどは、これらの使い方がワカラナイ!!